モリンガ種子の食べ方

■モリンガ種子の食べ方と健康効果

アーユルヴェーダ医学では、モリンガの葉は300以上の病気を予防すると伝えられており、伝統的な治療方法として使用されています。

西洋医学では、毎年、モリンガの医薬品価値についてのより多くの研究発表が行われています。

モリンガにどのように潜在的に効果があるか理解し始めたところです。

ユニセフやFAOや国連食糧計画などの国連機関のプロジェクトでも栄養改善などに活用されています。

1.モリンガの種の食べ方

「モリンガの種ってどうやって食べるの?」「調理はしないといけないの?」などなど、、

そう疑問に思われた方がいると思いますが、食べられます。

モリンガの種の食べ方についてご紹介します。

モリンガの種は、殻に覆われていますが、殻を割ると、

『白いふわふわした種』が出てきます。これがモリンガの種です。

その白いふわふわした種をそのまま食べれます。


食べると程よい歯ごたえ・・・口の中で溶ける感覚があります。

その味は・・・とっても苦い!! その苦さが口の中で一瞬にして広がります!!

風味はほとんどなく、クセはありません。

食べた後に水を飲むと驚いたことにとっても甘い!

水以外でも、「お茶が甘い」とか「ブラックコーヒーが甘い」とかも甘く感じます。この甘さは、

モリンガの種に含まれる『イノシトール』によるもの。

この『イノシトール』には、甘く感じさせてくれるだけでなく・・・

・脂肪燃焼 ・体脂肪の蓄積防止 ・血流改善・生活習慣病予防 ・神経細胞の保護 

・髪の健康維持このような効果もあります。

イノシトールは水に溶けやすく、水を飲むことで体に吸収しやすい特徴を持っています。



2.おススメの食べ方

オススメの食べ方は・・・そのまま生で食べて、その後に水をたくさん飲む

なぜ、そのまま生で食べるのがいいのか? なぜ、その後に水をたくさん飲むといいのか?

その理由がこちらです。

【理由1】栄養を壊さずに摂ることができるから

モリンガを調理したり、加工したりすることで本来モリンガが持っている栄養が少なからず破壊されてしまうからです。モリンガの種をそのまま食べることで豊富な栄養を余すところなく、摂ることができます。

だから、モリンガの種をそのまま食べることオススメしているんです。

【理由2】デトックス効果が高いから

モリンガの種を食べた後に・・・水をたくさん飲むこれは、デトックス効果を高めるためです。

モリンガの種を食べると体内の毒素を吸着して水分と一緒に体外へ排出してくれます。


※モリンガの種を粉状にしたものを『汚水』に入れ、太陽にさらし浄化した結果、汚水から病気が感染する確率が80%〜90%減少したというデータがあります。

これが、人の中でも同様に起こっているとうことです。つまり、汚水をきれいする『濾過』作用があり体内の老廃物を体外へ排出させる効果を発揮します。だから、モリンガの種を食べた後には水をたくさん飲むのが良いのです。


【理由3】手軽にとれるから、

モリンガの種は、殻を割って、白いふわふわした種を食べるだけです。後はたくさんの水を飲めばOK!!殻を割るのもとても簡単です。しかも、1日1~2粒で十分な栄養を摂ることができます!!

これだけなら、忙しいあなたにもモリンガをとても簡単に摂ることができます。

つまり・・・

□ 朝の忙しい時間でも、とっても簡単に摂ることができる

□ とっても簡単に摂ることができるので『習慣』にすることができる

□ 習慣にすることで、『無意識』に健康、ダイエット、美容に取り組める


★注目すべき2つの重要なポイントは、モリンガの種子がコレステロールゼロであり、

 繊維が非常に多いことで、健康な食物療法に不可欠であることです。モリンガの種の

 ラットでの研究の結果は経口的に採取され150~200mg / kgが理想的な用量であることから、体重50kgで6~9粒(1粒200㎎程度)が人体に有効な量と推定されます

​特定商取引法に基づく表記

Fax : 0429-68-6470

Tel : 0120-80-80-87 

© 2019 vivolife.