Fax : 0429-68-6470

Tel : 0120-80-80-87 

© 2019 vivolife.

モリンガは薬箱2

モリンガにはまだまだ薬的な効果があります。

西洋医学の薬的なものではなく、身体の不調を整える様々な栄養素が90種もある。

長い長い歴史の中で、一時ではなく長い時間の中で、体験的にその時々の人の身体で証明されてきた事実は大きな価値がある。

モリンガの抗炎症活性

モリンガの植物部分は、実質的な抗炎症活性を有する。モリンガの生理活性化合物の強力な抗炎症活性により、炎症に関連する慢性疾患の改善が可能である


モリンガの抗喘息活性

モリンガの 植物アルカロイドは、作用しているエフェドリンに非常によく似ており、喘息の治療に使用することができると以前から報告されている 。

アルカロイドモリンジンは細気管支を弛緩させる(Kirtikar and Basu、1975)。モリンガの種子穀粒は 、気管支喘息の治療において有望な効果を示した。この研究では、喘息症状の重篤度が著しく低下し、同時に呼吸機能も改善されています(Agrawal and Mehta、2008)。


モリンガの鎮痛作用

モリンガ の鎮痛作用は 、いくつかのモリンガ 種で報告されている 。

モリンガの 葉および種子のアルコール抽出物は、顕著な鎮痛活性を有する。


⑮モリンガの解熱作用

モリンガの 生物活性成分の抗炎症作用の結果として、 解熱活性が仮定され得る。驚くことではないが、種子のエタノールおよび酢酸エチル抽出物は、ラットにおいて有意な解熱活性を示した(Hukkeriら、2006)。


モリンガの抗高血圧、利尿、コレステロール低下活動

モリンガの葉にはいくつかの生物活性化合物が含まれており、血圧に直接影響を与えるため、血圧を安定させるために使用できます。 血圧低下効果をもたらすモリンガ 化合物には、モリンガの 葉に存在するニトリル、マスタードグリコシドおよびチオカルバメートグリコシドが含まれる (Anwarら、2007)。

さらに、モリンガの 利尿活性は 、その根、葉、花 および種子の水性抽出物に存在する(Morton、1991)。さらに、 モリンガの 葉は、コレステロール低下効果を有する生物活性植物成分も含有する。この化合物は、高脂肪食餌を与えたラットの血清からコレステロールレベルを低下させることができた(Ghasiら、2000)。


モリンガの鎮痙と抗潰瘍効果

モリンガ根および葉は、鎮痙作用を有するいくつかの化合物を含有する。これらの化合物には、低血圧および徐脈作用を伴う可能性がある4-(α-L-ラムノシルオキシベンジル)-o-メチルチオカルバメートが含まれ、カルシウムチャネル遮断、ニアジニンA、ニアジニンB、ニジミシンなどによって影響を受ける可能性がある。

異なる構成成分の鎮痙活性は、胃腸運動障害におけるこの植物の伝統的な使用を支持する(Gilani et al。、1994)。 モリンガの メタノール抽出物は、アセチルサリチル酸、セロトニンおよびインドメタシンによって誘発された胃の病変から実験ラットを保護することも可能である。加えて、実験動物において酢酸によって誘発された慢性胃病変の治癒過程を強化する(Pal et al。、1995)。


心臓および循環刺激薬としてのモリンガ

モリンガの 葉、のすべての部分は 心臓および循環刺激活性を有すると報告されています。

モリンガの根の皮には 交感神経系への影響により心臓の覚醒剤として作用するアルカロイド

モリシンが含まれている(Duke、2001)。またその効果は、高脂血症の予防のために効果を

発揮する可能性がある。モリンガは、鉄欠乏のためのWisterの雄ラットにおいて高脂血症を予防することが実証されている (Ndongら、2007)。モリンガの 葉抽出物が実験動物で体重、心臓重量、血清トリグリセリドレベルおよび血清コレステロールレベルを低下させ、抗動脈硬化鎮痛効果および脂質低下効果 証明されている。(Chumark et al2008)。また、イソプロテレノール(ISP)誘発性心筋梗塞においても雄ラットの実験で心臓保護効果があることが証明されている。 モリンガによる治療効果は、スーパーオキシドジスムターゼ、カタラーゼ、グルタチオンペルオキシダーゼ、乳酸デヒドロゲナーゼ、およびクレアチンキナーゼ-MBを含む生化学的酵素パラメーターの好ましい調節機能が報告されている。さらに、心筋梗塞による組織病理学的損傷および超構造摂動も防止する報告もある。


モリンガ、眼球疾患を予防

ビタミンA欠乏症は、失明の主な原因であり、暗順応の障害から夜盲症までの範囲です。

モリンガの 葉、ビタミンAの割合が高いポッドと葉の粉末は 、子供の夜盲や眼の問題を予防するのに役立ちます。モリンガの葉を摂取すると、ビタミンAの栄養が改善され、白内障の発症が遅れることがあります(Pullakhandam and Failla、2007)。事実、補助食品としてのモリンガ の使用は 、ビタミンA供給源としての可能性について統合された児童発育補助食品(ICDS-SFP)のために高く受け入れられている(Nambiar et al。、2003)。


モリンガのゼアチン、アンチエイジング効果

植物の迅速かつ実質的な成長の能力は、ゼアチン(細胞分裂、成長および細胞の老化の遅延を誘導する植物ホルモン)の影響と関連している。 ゼアチンはまた、アンチエイジングまたは人体における老化プロセスの減速と関連している。 ゼアチンは、新しい皮膚細胞を再生することによって皮膚の健康をサポートする、より自然な方法です。 食事にこれらの植物性栄養素が含まれている場合、体全体が細胞レベルから開始して、老化と戦うことができます。ほとんどの植物に見られるゼアチンは、他の植物よりも植物に豊富に存在しますが、モリンガは群を抜いて多く含まれています。

モリンガの抽出物は、皮膚を活性化させ、皮膚の老化の徴候を減少させることができる。