Fax : 0429-68-6470

Tel : 0120-80-80-87 

© 2019 vivolife.

モリンガは自然の薬箱

モリンガの呼び方の別名に生命の木、奇跡の木、母親の親友


などと共に薬箱の木という呼び方があります。


どうしてそのように呼ばれるのか疑問に思っていましたが、


さまざまな資料や文献に触れるうちにその理由がわかりました。


インドの伝統的なアユルベーダー医学のシステムでは、


Moringa oleiferaLamは様々な病気[300種類の病気]の治癒薬植物として


一般的に使用されてきた歴史的な事実があります。


モリンガの効果の事実は、これまでは伝統的な使用による


体験的な事実がベースでしたが、近年、科学的な証明の研究がおこなわれてて、                                             

世界中の研究機関で研究がおこなわれています

                                                         

そして、まだまだ、半ばですが、永年、民間薬として利用されてきた事実が                                           

動物実験などで科学的に立証されつつあります。


動物実験などで証明されつつあるモリンガの病気との関係については、                        

以下に参考までに情報を整理した結果は以下の通りです。


ヒトの癌細胞に対するモリンガ

モリンガの葉と種子は細胞を酸化損傷から守ります。モリンガは強力な抗癌剤として発見され、

重要な抗腫瘍活性を有するいくつかの生物活性化合物がモリンガから発見されている 。

葉のほかに、モリンガの種子抽出物は、 肝臓の発癌物質代謝酵素、抗酸化特性に影響を及ぼす

ことで抗癌活性を有する(Bharali et al 2003)。


モリンガと糖尿病

低レベルのビタミンEおよびDは、糖尿病のより高いリスクと関連している。

モリンガは、インドの治癒者が何世紀にもわたり、糖尿病治療に使用されています。

動物実験でモリンガの葉の水抽出物が、血糖コントロール、ヘモグロビン、総タンパク質、尿糖、

尿タンパク質および体重に及ぼす影響を評価することで証明されている。


モリンガと肝臓の健康

モリンガ油(Ben Oilとしても知られている)の肝保護活性は、肝(肝炎)障害の治療レジメンの一部

として使用されてきた。

モリンガはいくつかの研究において肝臓保護作用が顕著であることを示している。

モリンガ 葉のメタノール抽出物およびクロロホルム抽出物は 、誘発肝臓損傷に対する有意な防御を示した。 モリンガの 葉の肝保護作用に加えて、その根および花はまた強力な肝保護活性を有する。


モリンガと腎臓の健康

モリンガの腎保護機能は、フリーラジカルの生成を減少させて腎臓を有害な影響から保護します。


モリンガ - 抗潰瘍

パキスタンで広く摂取されているモリンガの花芽は、抗潰瘍作用を有すると報告されています。


モリンガと貧血

Moringa Oleiferaは鉄欠乏のため貧血の人に、鉄分の副作用がない鉄分欠乏貧血のために使用されています。


モリンガと抗生物質

モリンガの抗生物質特性は、微生物の増殖を自然に阻害することが知られている。モリンガ植物の種子には、感染を抑制するために使用されてきた天然の抗生物質が含まれています。


モリンガと高血圧

カリウム、マグネシウム、カルシウム、亜鉛はすべて血圧の調節に不可欠です。

モリンガはこれらの栄養素が豊富であるため、適切な血管機能を促進して高血圧

のリスクを低下させます。


モリンガの抗酸化作用

抗酸化物質は、フリーラジカルを阻害および除去する上で重要な役割を果たし、感染および変性疾患から保護します。モリンガは豊富な抗酸化物質源です(Chumark et al。、2008)。モリンガ の葉、果実および種子の水性抽出物が抗酸化剤として作用することが報告されている 。 ORAC値157000可食食物中トップクラス。


モリンガ&アンチストレス

アンチストレス、酸化防止剤、掃気ポテンシャルに関するモリンガ・オレフィアの評価


モリンガのメリットは抗菌効果と抗ヘルペス作用

モリンガの 抗菌成分は 、いくつかの微生物に対する阻害活性の発見の後に検証されている。

最近の研究では、モリンガの 水性抽出物は 、黄色ブドウ球菌、枯草菌、大腸菌、 および 緑膿菌 を

含む多くの病原菌を用量依存的に阻害することが判明している。


次に続く