Fax : 0429-68-6470

Tel : 0120-80-80-87 

© 2019 vivolife.

モリンガで拓くよりよき未来

国連のミレアム開発目標(SDGs)に挙げられている貧困と飢餓などほんどの課題は、


自然の生態系サービスの劣 化や消失に 大きな原因があります。 

「森林」を中心にした自然生態系を取り戻し 、


「自然の恵み」を 継続的に享受できるような自然環境、社会のシステム の


再構築が 不可欠です。


「地球は無限に大きい」というパラダイムが崩壊していること


地球環境の劣化の状況を考えれば、今、すぐに行動を始めることが


急務であることが明白です 

人類には自然の複雑な生態系を取り戻すための十分な情報やノウハは残念がらありません。

 

4500年前のインドの「ア ーユルべーダ医学」でも 取り上 取り上 げられいる


貴重な植物「モリンガ」が、


いま再び人類の危機を救ってくれる存在になっています。


地球温暖化による気候変動の面では、CO2を早くたくさん吸収する能力は一番高いことです。


日本の林野庁がフィリピンで行った研究では、


モリンガは、日本 の杉の木の50 倍、一般植物の20倍 という成長性に優れた 樹木であると


発表されています。 

モリンガの提供してくれる栄養価の高さも 「奇跡の木モリンガ」 と呼ばれています。 

モリンガを地球規模でみんなで100億本普及すれば、


気候変動と飢餓貧困の改善を解決できる可能性を秘めています。



まさに人類社会

生活に奇跡を起こしてくれる樹木=モリンガです 。