オランウータンの食糧支援を!求む!

今日は、1996年から支援を続けてきたインドネシアのオランウータン財団からの支援の声を届けさせていただきます。

オランウータンもコロナウイルスでピンチです


「インドネシアでも着実にコロナウウイルス感染が拡大し続けたため、2020年3月17日、ボルネオオランウータンサバイバル(BOS)財団は一時的にオフィスを閉鎖しすべての関連施設も全て新しいボランティアと研究者の受け入れを停止しました。


BOS Foundationはボルネオオランウータンとその生息地の保護に取り組んでいますが、非営利組織として、親切な支援者からの寄付に大きく依存しています。


COVID-19の脅威が目の前にあり、ボランティア、訪問者、募金活動のほとんどが無期限に停止され、主要な収入源が停止し、事業活動の継続が危うくなっています。


同時に、私たちのリハビリセンターは、基本的なアニマルケアの必需品である生活必需品(果物、野菜、牛乳など)の不足と大幅な価格変動が生じています。


436匹のオランウータンの世話をするために必要なすでに高い運営費サプライチェーンの中断と景気後退と相まって、劇的に急増しています。


保護された森林地域内の3つのオランウータン放流場所を管理し、2つの大規模な生息地植林プロジェクトを実行し、2つのオランウータンリハビリセンターを運営するため400人の従業員にも人員不足の圧力がかかっています。


オランウータンは最も身近な親族の1つとして、DNAの97%を共有しており、人間と同じウイルスの多くに感染します。彼らはCOVID-19に感染するリスクが非常に高いと予想し、スタッフとオランウータンの安全を確保するために迅速に行動しました。しかし、私たちはあなたの助けが必要です。


私たちのチームは、ケアを受けているすべてのオランウータンがCOVID-19から可能な限り最高の保護を受けられるようにし、将来的に野生に戻せるように取り組んでいます。栄養価の高い果物、野菜、その他の食事アイテムを毎日提供することは、それらを健康に保つために不可欠です。


BOS財団は、オランウータンへの食糧提供を支援する地元の農家と協力しています。

私たちのオランウータンは、1か月で最大50,000キロの果物と野菜、数百リットルの牛乳を消費できます。

インドネシアで確認されているCOVID-19の事例が着実に増加し、大規模な社会的規制が実施されているため、地元の農家は、オランウータンへの食糧の供給を妨げる物流上の課題を抱えています。


果物と野菜の需要は高まり、市場価格を混乱させ、施設に多大な財政的圧力をかけています。

食料の価格が上昇するのを見守っていますが、これはほんの始まりに過ぎないと恐れています。

今年度の資金調達ニーズは今後も拡大すると予想されますが、資金調達イベントや活動のほとんどは保留されています。


私たちが経験しているかなりの資金不足を克服するのを助けるためにあなたの支援を求めています。

現時点で受領するすべての資金は、BOS財団リハビリセンターの動物居住者の世話と養育に割り当てられるため、オランウータンとサンベアに栄養価の高い食品と優れた動物ケアを提供し続けることができます。


私たちを支えているのは、私たちを支えてくれる人たちだけです。親切な行為は小さすぎませんので、可能であれば、オランウータンへの寄付と啓蒙を続けてください。」

https://gogetfunding.com/unite-against-covid-19/


​特定商取引法に基づく表記

Fax : 0429-68-6470

Tel : 0120-80-80-87 

© 2019 vivolife.