自然の恵みで VIVOLIFE いきいき人生

​自然の恵みで健康生活を!

         世代を超えて伝えたい価値観

        あなたの若さと健康を維持する

          オーガニックライフのすすめ

                あなたの若さ健康美自然の恵みから

これまでにない地球規模の気候異常の影響で、日本も例外ではなくで

1日のなかで、また、数日のなかでの気温の変化、雨の降り方、風の吹き方など

体調を管理する上でも大きな影響があります。

心配なこと、異常気象と感染症の拡大

日本でも台風や降雨、風害などによる災害が発生し、世界各地でまさかというような気象災害が頻発しております。

鳥インフルエンザだけではなくこれまでにない、さまざまな感染症が国際的に広がっています

食糧不足時代に対応、オーガニックライフへのパラダイムシフト

国際社会のパラダイムの大きな変化に「石油に依存した農業の限界」からのシフトが不可欠な状況です。

これまで石油に依存して食糧生産をしてきた社会の根本が崩れ始めています。

異常気象も石油資源依存社会の崩壊も地球規模で起こっている問題です。

あなたの生活にも今以上に影響が及ぶことは必至です

 

このような状況の中で健康生活を続けるには

自然に還り、自然由来の農産物の生産を目指す そして

「自分自身で守る」という「行動と選択」が必要

「健康」は精神面と肉体面が外部の環境の変化に対応できることで維持されます。

 

私たち人間には生まれながらに、それぞれに与えられている「免疫力」があります。

免疫力を維持するには、自然の恵みによる食生活が基礎的な条件です。

​自然界には健康を維持するために必要なすべてがあります。

あなたの健康生活をサポートしてくれる自然由来の食品

「ヒメマツタケ」と「モリンガ」

どちらも「神様の贈り物」です

 

 

 

 

 

「あなたのカラダは、あなたが食べたものから作られている」

私たち人間は、他の生物と共存して地球に生かされています。

人が健康生活を続けるためには

自分の免疫力を発揮できる状態に保つことが必要です

自然環境が厳しさを増している時代を生き抜くためにますます自己免疫力が大切になっています。

私は、18年余りのサラリーマン生活の後、目覚めたこと

自然と共に生きることの大切さ​

この教えは45年前にジャングルでオランウータン遭遇し教えられました

 

 

 

 

 

 

 

 

地球で生き、生かされ続けるために不可欠な普遍の価値観

 

 

 

 

 

 

 

「人の健康と地球の健康」で役立てる活動を求めて、1989年転職し、創業以来30年目を迎えています。

父の死に直面したあとであったのがブラジル原産の不思議な力をもった茸「ヒメマツタケ」です。

創業時より、このブラジル原産の免疫力UPに役立つ茸

「ヒメマツタケ」(アガリクス ブラゼイムリル)

の栽培から製品づくりまで取り組んでを約40000名を超える皆様にお届けして参りました。

 

一方で、私たち人類が破壊してきた「地球」の健康のために

何ができるか?

考えた結果が、熱帯雨林の再生のための植林です。

私たちの生命や財産、生きることにも危機的な状況になっている気候変動の対策として、

「生命のルツボ」と呼ばれるインドネシアの熱帯雨林の

保護再生の為の植林に取り組んできました。

1999年以来の植林活動の経験を通じて、より人類の生活に役立つ植林を求めて

2016年に出会うことができたのが奇跡の木モリンガ」の製品をお届けしています。

自然由来の食べ物であなたの健康生活を守る
あなたも地球に住まわせていただいている一つの生き物として生かされています。
「医食同源」の言葉の通り
あなたの健康は日々食べるものからできています。
自分自身で守ることが一番初めですが、
現代社会は知らず知らずに有害ない物質を摂取してしまう社会です。
 汚染のない、健全な食事を心がける
 「自然の恵み」を頂いて、自然治癒力を最大限にして
 健康を維持することが健康生活の基本です。
 あなたも「大自然の一部である」自覚が必要です。
だから、
「自然の恵み」
で身体を整えるとあなたの自然治癒力は蘇ります
そして、生命持続のための「地球」自体も元気になります。
​私たちは地球の住人の一人として持続的に生き続ける存在です。

あなたの明日の健康な人生のために

怖い現実!知らず知らずに有害物質が体内に!

現代社会は過度の農薬使用、化学肥料、遺伝子組み換え作物など

私たちの生活の中に深く組み込まれています。

自然物でない食品は全てあなたのカラダにとって異物で、ストレスにつながります。

食品に潜む危険について情報を得て、できるだけ自分の体内に取り込まない生活を心がけることが必須です。

そして、

日本人は年間8kgの食品添加物を食べているそうです。

食品添加物は本来の自然の食べ物ではない成分です。

ですから、「不要な物」を「出す」デトックス

は現代人の健康生活の維持に必須です。

​自然由来の植物モリンガも自然由来の茸ヒメマツタケも、

余分なものを体外に出すデトックスの役目を果たし

人体の免疫のバランスを整えてくれる心強い味方です。

自分の健康は自分で管理する時代です。

​モリンガやヒメマツタケのある生活スタイルがあなたの免疫力を維持向上してくれます。

​ Tree for Life

新発売!絶賛発売中
気候変動時代
モリンガを知らずに未来は語れない?
​あなたの生活する未来社会を変えるチカラがある

私たち人類が抱える気候変動や飢餓貧困問題は、平和社会を脅かします。この大きな課題をモリンガが解決してくれる。

モリンガを広く普及し、明るい未来を創造したいと願って出版しました。

ぜひとも手にとって明るい未来を次世代に引き継ぎましょう!!

奇跡の木モリンガは人類の歴史を変えより良い未来を創造するために必要不可欠な植物です。モリンガを普及することで明るい未来の創造を目指しましょう!!まず、知って、行動を!

モリンガは100%天然のバランス栄養食品です。

​だから、あなたの健康生活にお役にたてます。

①あなたは肉食を減らしたいですか?

必須アミノ酸タンパク質を乾燥重量比30%も含みます。

②あなたはカルシウム不足ではありませんか?

モリンガの粉末にはヨーグルトや牛乳、チーズよりも多くのCaを含みます。しかも水溶性ですので、モリンガ茶として楽しめます。

③あなたの細胞の老化を防ぐ

抗酸化物質であるビタミンA,C,E,ポリフェノールを豊富に含んでいる

水溶性の酸化防止剤と油をバランスよく含んでいます。

④オメガ3を100g中1000㎎も含んでいて、心血管系機能、脳そしてホルモン、免疫応答および抗炎症作用がある

⑤モリンガの葉の抽出物にカフェオイルキナ酸が含まれ[0.5~1%]胆汁および毒素の排泄を刺激し、消化を助ける。肝臓の働きを効果的にして健康な体維持に役立ちます。

モリンガ乾燥葉粉末100g

​    奇跡の木・モリンガは

​      自然の優れたバランス栄養食

​      あなたの若さと健康生活に最適!

モリンガは、様々な栄養素を含んでいて、あなたの健康状態を最適化します。
北インド原産のモリンガオレイフェラは、樹木で、「生命の木」「奇跡の木」「薬箱の木」と呼ばれ、古くからアーユルベーダの治療にも使われていました。

 

※アーユルヴェーダはインドの伝統的医学で「生命」を意味しており、現代西洋でいう医学だけではなく、生活の知恵、生命科学、哲学の概念も含んでいます。
約五千年の歴史があり、チベット医学や古代ギリシア、ペルシアの医学等にも影響を与えたといわれ西洋医学で説明のつかない病気はアーユルヴェーダで全て解決されると言われています。

モリンガは、こんなにも栄養豊富ですが、干ばつに強く痩せた土壌でも育ち、更に土壌を肥沃に回復する働きをも持つという驚くべき力を持っています。

「葉・実・種」は、わたしたち人類に有益とされる90種類以上の栄養素を含んでいます。
現在、発展途上国では栄養不良による疾患の対策として使われ、ユニセフ、FAOをはじめとした国連機関などがモリンガの普及に取り組んでいます。


【モリンガの栄養素】
● 46種類以上の抗酸化物質
● 36種類以上の抗炎症物質
● 19種類の必須アミノ酸
● オメガ脂肪酸 3・6・9

モリンガにふくまれる数々のビタミン、ミネラル、抗酸化物質、抗炎症物質そして必須アミノ酸など多様で豊富な栄養を補給し、あなたの免疫力を活性化します。

Agaricus Blazai Murrill

ブラジル生まれ、日本育ち

ヒメマツタケがいい!

お問い合わせ

★~健康のための食事「医食同源」~

食事を摂ることによる効果にはどのようなものがあるのでしょうか?

 

食事ができなかったとき「エネルギー不足」を感じたり、

「体温の低下による寒さ」を感じたりを感じます。

食事が満足にとれれば満腹感により、満ち足りた幸福感を感じる事ができます。

 

食べた物が体内でいろいろな細胞を形成して私たちの健康を維持してくれている

ことを忘れ勝ちですが、栄養の摂取と健康には深い関係があります。

 

体は食事により、自らの体を作り,生活するチカラを生み出してくれ、

健康を保つために最も適した材料を作ってくれます。

 

食事が重大な原因であることが知られている病気には、冠状動脈疾患、

さまざまなガン、脳血管傷害、高血圧、肥満、虫歯、歯肉炎や歯周病、

インシュリン非依存性糖尿病などがあります。

 

このような病気の予防には、「バランスのとれた食事」が大切です。

例えば、

米国の国立ガン研究所は1日に5~9皿の野菜や果物(通常の摂取量の5~9倍)を食べればガンになる確率を下げることができることを証明しました。

 

★人間の遺伝子の構成は4万年間ほとんど変わっていません。

 その長い歴史の中で私たち人間の食事や仕事など生活スタイルは劇的に

 変化しまた。でも、遺伝子の適応力は劇的な変化に歩調を合わせること

 ができませんでした。

◆人類が農耕生活に入る前の採集狩猟生活時代はたいへん変化に富み、

 糖分が少なく、高品質で栄養価の高い食品を幅広く十分に摂取していま

 した。調理方法も簡単で新鮮な素材を栄養素が失われないうちに食べて

 いました。

◆野生の植物には抗酸化物質が含まれ、ビタミンやミネラルなどのミネラ

 ルなど微量元素も幅広く含んでいました。

◆これらの物質は生物学的反応修復物質,化学的防御物質および抗老化物

 質として健康のために生理学的な作用をしていました。

採集狩猟生活時代には100種類を超える食べ物を食べていたそうですが,

現代人の生活スタイルでは取扱い商品の種類が限られていて

とても100種類の食べ物を取ることはできません。

しかも、広大な農地で毎年同じ作物が生産されるために、

土地が痩せて私たち人間に必要なミネラル類が枯渇しています

 

カロリーは足りても必要なミネラルの種類が不足していて、

現代人の身体の不調(病気)の根源になっていると推測されています。

★オススメのオーガニック健康生活★

ヒメマツタケ(アガリクス茸)について

50年前の疫学調査で判明~アガリクス茸の素晴らしさ~

アガリクス茸は、

ブラジルの長寿が多いことで知られたサンパウロ郊外のピエダーデという村の疫学調査をしていた

米国のペンシルバニア大学のJ・C・シンデン博士とランバート研究所のE・Bランバート博士が

調査の結果、住民が「食用」としてきた茸である「アガリクス茸」が現代病の予防と治療のカギを

握るとの結論を得ました。

 

その研究成果を1965年学会誌に発表したことに始まります。

同じ時期にブラジル移住者の方から日本のキノコ研究所に「変わったキノコがある」ということで送られてきて、栽培の研究がなされて10年後に人工栽培に成功しかし、

「茸の栽培が順調になり、一般の市場に出荷したところ、

「たんぱく質」が椎茸の2倍あるためにこと、生では腐りやすく販売できずに返品の山になった」、

販売できないので「近所の方に無料で配っていた中に「胃がんの手術待ちの方」がおられ、

その方がいざ手術という事で入院して再検査をうけたところ腫瘍が消えていた」ことなどの

経緯が書かれていました。

さまざまな偶然が重なり、アガリクス茸には抗腫瘍効果があるらしいということで研究が始まり、

動物実験で他の茸にない効果が確認され、

1980年日本薬理学会や日本ガン学会で研究成果が発表されたことなどが書かれていました。

 

そんな本との出会いが30年前にあり、こんなに素晴らしいアガリクス茸を広く世の中に広め、皆さんのお役に立ちたいと願い取り扱いを始めました。

 

お客様から頂いた声

★飲んで良かった「オーガニック・ヒメマツタケ(アガリクス茸)」

   いまから13年前以前からお茶が飲みにくいと感じていましたが、

   ある日にぎり寿司を食べたところワサビがつっかえて食道が焼け

   るように痛かったので、病院へ行き診察をして頂きました。

   そこで告げられたのは、即、紹介状を書くから大きな病院で精密

   検査をするようにということでした。

   検査の結果、「食道ガン」と判明、お医者さんもあまりの大きさにびっくり

   10cmにもなっていました。
   直ぐに、手術しなければ大量出血で死に至る可能性大といわれました。 

   丁度診察して下さったのが内科の部長先生で62人も手術待ち患者さんが

   いたにも関わらず、外科の先生に連絡をとりすぐ手術をしてくださいました。

   ガンは食道だけでなく肺にも転移がありリンパ節にも転移があり、

   全身にガンが散ばった状態でした。

★どうでしょうか? 完治してます
   「余命2ヶ月から2年それ以上生きた人は見たことありません」とまでいわれました。
   74才なのでもし再発しても抗がん剤も放射線もましてや再手術もしませんといわれました。
   このままでは死なせられないと色々調べアガリクスに辿り付きました。
   初めはアガリクスの乾燥品を煎じてスプーン一杯飲ませても吐いてしまいます。

 

   でもこれで元気になるからと祈りながら信じて飲まし続けました。

   少しずつ飲めるようになりました。

   術後の検査ではガンが全身に散らばって雪のようでした。

   その後ヒメマツタケを知って手間がかからず飲ませやすいので切り替えました。

   2回目の検査では進行が止まっていました。

   3回目の検査では、大きいものだけが写り小さい物は消えていました。

   余命2年といわれた2年経った時お医者様にどうでしょうか?と尋ねると

   「完治してます」と嬉しいことばをきくことができました。

   手術してから13年今も毎日アガリクスを飲んで元気に暮らしています。

                         長崎県:倉田様【仮名です】

以上はお客様から頂いた真実の声です。

ヒメマツタケはあくまで「食品」です。

倉田さまがヒメマツタケを飲まれてご自身の免疫力が良くなり、完治になったケースです。

​本当にお役にたててよかったと心の底から感じた出来事です。

いのちの海から~粟国の塩

塩は いのちを運ぶ 海からの使者

          塩は からだのなかで いのちの海となる

    粟国を流れる黒潮は 太陽熱と風と竹で濃縮され

昔ながらの製法で まきで じっくり炊きあげられる

         手塩にかけて育んだ命のエキス・粟国の塩

 

★天然塩づくりの原点

 日本の製塩法は従来、塩田で濃縮した海水を釜で炊き上げるやり方でした。

時代とともに揚げ浜塩田、入浜塩田、流下式塩田などへと濃縮法は変わりましたが、基本的な考えは変わっていませんでした。

しかし、1973年に国は、「塩業近代化臨時措置法」により日本中のすべての塩田を閉鎖してしまい

ました。

それにより、イオン交換樹脂膜製塩法という作り方で作る塩が、専売のためすべての塩に替わり国内に流通しました。

その塩はミネラル分を夾雑物(ルビ:きょうざつぶつ)として取り除いてしまい、塩化ナトリウム分が

九九・四%の高純度のものでした。

 

化学塩の食用化は日本が世界で初めてであり、

公社は安全性の確認もせずに流通させたにも関わらず、その塩は安心、安全、そして清潔と説明していました。

まさに国が大量流通と過度の衛生基準のみを盾に、日本の伝統食品を抹殺してしまったということです。

いうなれば生物の多様性を無視してしまったのです。

そのことに疑問を持った学者と私は、健康と塩という観点から研究を続け、伝統ある日本の塩を守り抜く決心をしたのです。

それが私のスローフードの原点であり、粟国の塩作りの原点なのです。

 

★自然塩であればどれでも同じ?ではない

 他の製塩業者のほとんどが「自然であれば良い」、「ミネラル分があれば良い」等、ただ漫然としたものばかりでした。

製塩において自然であれば良いならそんな簡単なことはありません。

自然の中に人間が培った技術と知識の蓄積を織り交ぜ、そこに職人の手が加わることが大切です。

さらに、ミネラル分に関しても、ただミネラル分が含まれていれば良いのではなく、

含まれているバランスとミネラル分の比率が大切なのです。

 

最近、色々と取りざたされている「にがり」についてもナトリウム分とマグネシウム分の比率が

大切なのです。

マグネシウム分の量よりナトリウム分の量が多くなれば、それは効果的にも問題があるのです。

製塩業者も消費者もこのような知識を知ることにより、

良い塩とそうでない塩を見分けることが出来るのです。

株式会社アイデア発行「味の味」2月号(475号)より小渡幸信所長:株式会社沖縄海塩研究所 

メダカの住める洗濯石鹸

地球環境にも人にもやさしい

新洗剤「バジャン」!

 洗剤を投入した水にメダカを入れても生きられるほど安全な洗剤を開発した㍿ライトウエーブさんに

開発秘話を語っていただきました。

「私達MiZグループが開発した洗浄剤はHealthy=Clean=Naturalな重曹、炭酸塩等の無機

塩を主成分(95%以上)としながら、

合成洗剤以上の洗浄力と高い再汚染防止能力の両方を実現した画期的な洗浄剤です。

発明のキッカケは一つの発見でした。

「重曹水を電気分解すると洗力が飛躍的に高まる」ということ。

この発見に様々な工夫を加えていったわけですが、開発の過程で最も苦労したことは、

当時不可能とまでいわれた無機塩系洗浄剤への再汚染防止能力の付与でした。

それは膨大な数の物質から、「無機塩と相性がよく、人にも環境にも優しく、高い分散機能を

持つ物質」を見つけ出す作業で、研究員たちは来る日も来る日も洗濯機を回し、

データを取り続けました。

そして開発開始から7年、数万回の洗濯実験を経てようやくその物質を特定し、

ついにバジャンを開発することが出来たのです。

  • Facebook
  • Twitter
  • YouTube
  • Pinterest
  • Tumblr Social Icon
  • Instagram

​特定商取引法に基づく表記

Fax : 0429-68-6470

Tel : 0120-80-80-87 

© 2019 vivolife.