​あなたの健康に役立つ

モリンガ種子の魅力

モリンガの種を食べる

 

モリンガの種を食べることに関する情報を見つけることは非常に困難です。

非常に明確なのは、モリンガの種を食べることが広く一般に知られる情報がほとんど知られていないためです。

 しかし、私はモリンガの種を食べている多くの人々と話をして、経験している肯定的な結果について教えてくれました。

モリンガの種の食べ方

モリンガの種は、種皮と呼ばれる外殻と3つの翼を持つ独特な外観を持っています。翼は、薄いティッシュペーパーのように、乾燥すると非常に薄く壊れやすくなります。

まだ成長しているとき、この翼は、三葉の種子ポッド内に種子を配置し、間隔を空ける役割をしています。

 

外側の種皮は手で簡単に割ることができて、カーネル(核)が現れます。

カーネルは、十分に成長している種子である場合、

外観ははるかに小さく、白です。

 

カーネルもやや柔らかく、見づらいですが、内側の核にも薄い種皮があります。

種皮は硬く、噛むのが非常に難しいため、カーネルのみを食べることを強くお勧めします。

ピーナッツシェルを食べることを想像してください。

モリンガの種は次の2つの方法で食べることができます。

  • 通常の食べ物のように噛んで飲み込む

  • 丸薬のように丸ごと飲み込む

 

種子を噛むのと同じくらい多くの人がカーネル全体を飲み込んでいるようです。

丸ごと飲み込んだ場合、種子が完全に分解されて代謝されないのではないので種子を噛むことをお勧めします。

カーネルを噛むと、強力な苦味を感じます。

でも、幅広い健康効果

イノシトールという成分のためで人体に有効な成分です。

イノシトールには①脂肪燃焼 ②体脂肪の蓄積防止 ③血流改善 ④生活習慣病予防⑤神経細胞の保護 ⑥髪の健康維持などの効果があるとされています。

 

カーネルを噛んでからコップ1杯の水を飲んでください。

驚きの体験を感じられます。

普通の水を一時的に非常に甘い味にします。

モリンガの種は何個食べればいいですか

自然物ですのでその人が食べれれる量が適量ですが、食べすぎると自然に下痢をして体外に出されます。

 

1日に食べるモリンガの種子の数に関する公式の推奨事項はありません。

一般的なアドバイスは、1日に1粒ずつから始めて、

数週間かけて摂取量を徐々に増やすことがお勧めです。

 

一般的には、合理的な上限として1日あたり3〜5個の種子を勧めています。

 

古来より伝わる伝統的なモリンガの種子は最も経済的な生活習慣病予防効果のある食べ物です。

最高の、高純度、大規模、手作業で選別された伝統的なモリンガ種子を利用できます。

モリンガ種子の潜在的な健康上のメリット

モリンガの種を食べることに関連する健康上の利点について読むとき、

モリンガの種を使った西洋医学的な手法による医療試験は

これまでに行われていないことを記憶しておいてください。

背景にあるのは、5000年前のインドの医学アーユルベーダの時代から、今まで

人々の健康生活に役立ってきたという経験、経歴があることは心強い事実です。

一方で世界中の医学界と研究所は、間違いなくモリンガの種子とその健康上の利点を研究し続けるでしょう。

現在知り得る情報に基づいて以下に紹介する利用可能な研究は、

ラットとマウスを標準試験とする査読付きジャーナルからの12を超える公開された

記事で構成されています。

そのことを念頭に置いて、人間の試験がないからといって、モリンガの種が強力な健康上の利点を持っていないと判断しないでください。

 

これは単に、研究がまだ始まったばかりであることを意味します。

証拠として、ほとんどの研究の発行日に注意してください。

それらは過去10年以内で、多くは過去数年以内です。

この時点で、調査結果は非常に有望に見えます!

 

私たちは、モリンガの種子の完全な健康上の利点に関して明らかにすべきことがたくさんあるという印象を残します。

 

残円なことですが、自然療法を発見することで大きな利益を得る人はいないため、

研究と出版のための資金が不足しているという現実があります。

このことは問題の本質とはかかわりない分野です。

モリンガ種子の伝統的な使用に関する研究から始めます。

民間療法のモリンガ種子

 

2013年、Ethnopharmacology誌は興味深い記事を発表しています。

記事は、ナイジェリアのモリンガの地元の知識と使用についてでした(Popoola&Obembe、2013)。彼らは、歴史的にモリンガの種子が以下の目的で使用されていることを発見しました。

  • 医学

  • 食料源

  • 凝固剤(ただし、これを後で保存します)

 

★薬として、

モリンガの種子は生のまま、または粉砕して粉砕した後に食べられました。

その目的は以下のようなことです。

  • 胃の痛みを和らげる

  • 潰瘍の治療

  • 消化促進

  • 視力低下を改善する

  • 関節痛を緩和する

 

★食糧源として、

種は落花生のようにローストされ、丸ごと食べられました。

モリンガの種子は、次のような優れた栄養源として使用され手います。

  • 脂肪

  • タンパク質

  • そして、多数の微量栄養素

ガーナとインドの両方のグループでも、粉砕されたモリンガの種を歴史的に使用していたことは興味深い点です:

  • 胃の痛みを和らげる

  • 糖尿病の治療

  • 肝臓の脂質レベルを下げる

ナイジェリア、ガーナ、インドでのモリンガ種子の伝統的な使用に妥当性はあるでしょうか?

答えはイエスです。詳細を10のポイントについて見てみましょう。

 

1.モリンガの抗菌活性

手を洗うことは、病気にならないようにするための最も重要なステップの1つです。洗浄はまた、不要な細菌を他の人に広めるリスクを劇的に低下させます。

多くの人々が聞いたことがないかもしれないですが、モリンガの種を食べると細菌を殺し、自分の体内に広がるのを防ぐことができるということです!

 

モリンガの種を食べることは、体内にある細菌を洗い流すようなものだと想像してください。

モリンガ種子のこの特性は、抗菌活性と呼ばれています。

モリンガ種子の抗菌活性は、以下を含む特定の微生物の成長を停止させるか、特定の微生物を直接殺すことを意味します。

  • バクテリア

  • 菌類

  • ウイルス

抗菌活性は、モリンガ種子の二つの性質から来ています:

  • 多数の植物化学化合物(植物が捕食者または病気の繁殖と戦いを助けるために生成する化合物)

  • M. oleiferaカチオン性タンパク質(モリンガ内で独自に形成されたタンパク質)として知られる短いカチオン性タンパク質

モリンガの種子に含まれる植物化学物質の多くは、人間の感染を引き起こすことが知られている成長病原性(病気を引き起こす)微生物を抑制します。(Oluduro et al。、2010 ; Padla et al。、nd ; Rim Jeon et al。、2014)

 

これらの植物化学化合物の存在は十分に良いですが、モリンガの種はこの2種類の成分を1対2の割合で含んでいます。

M. oleiferaカチオン性タンパク質は、モリンガ種子に特有です。

この特定のタンパク質は、細菌の内側と外側の細胞膜を一緒に融合させることにより、細菌細胞の損傷を引き起こします。

胃の痛みを和らげる」

殺菌力があるため、胃の痛みを和らげるための代替薬としてのモリンガ種子の使用は、有効であると思われます。

副作用はほとんど報告されていないか、報告されていないため、モリンガの種子を使用することは魅力的な代替治療のようにも見えます。(Galuppo et al。、2013 ; Williams、2013)

2.モリンガの種子と炎症性腸疾患(消化器および結腸の問題)

炎症性腸疾患(IBD)は、結腸および小腸の炎症状態です。

IBDの主なタイプは次のとおりです。

  • クローン病(消化管の内膜の炎症)

  • 潰瘍性大腸炎(結腸および直腸の内壁に潰瘍としてただれを伴う長期炎症)

 

炎症性腸疾患の症状は次のとおりです。

  • 下痢と非常にゆるい便

  • 発熱と疲労

  • 腹痛とけいれん

  • 直腸出血による便中の血液

  • 意図しない減量につながる食欲減退

 

2014年に公開された研究では、

ラットの潰瘍性大腸炎に対するモリンガ種子抽出物の効果をテストしました。

 

結果は非常に肯定的であり、モリンガ種子抽出物で治療された大腸炎のラットが減少したことが示されました:

  • 炎症の重症度

  • 炎症の程度

  • 陰窩の損傷(腸内膜の損傷)

 

モリンガは、抗炎症および抗潰瘍薬用植物として試験に合格しました。

この研究の著者らは、モリンガ種子エキスはIBDに対する効果的な治療法であると結論付けました。

彼らはさらに、モリンガ種子抽出物の摂取は、たとえ低用量であっても、IBD症状の代替療法として、また予防の手段として考慮されるべきだとさえ言いました!(Minaiyan et al。、2014)

※モリンガの種が歴史的に使用されてきた事実に真実があるのでしょう。

 

3.モリンガの種と関節炎の緩和

関節炎は関節の炎症です。症状には以下が含まれます:

  • 痛みと優しさ

  • 腫れ、発赤、温かさ

  • 関節の可動域の損失を伴う剛性

 

2007年には、関節炎に関連する炎症に対するモリンガ種子エキスの使用に関する研究が行われました。21日間のトライアルの後、いくつかの重要な結論が出されました。(マハジャンら、2007)

モリンガ種子エキス:

  • 関節炎の進行に対する重要な抗関節炎活性が含まれています

  • 既に確立された関節炎にプラスの効果があるかもしれません

4.モリンガの種と糖尿病

2015年に公開された研究では、

モリンガの種子粉末がラットの糖尿病と直接闘うために使用されました。

研究のラットのグループは、ストレプトゾトシン(STZ)の注入によって1型糖尿病で誘発されました。

 

これは、糖尿病に対する治療の有効性をテストするための典型的な方法です。

糖尿病ラットのサブグループは、モリンガ種子粉末でさらに4週間治療されました。

 

以下は、モリンガ種子粉末で処理した糖尿病ラットのテスト結果です。

  • 21日後、ラットの糖尿病によって引き起こされるすべての生理学的変化は、糖尿病のないラットと同じレベルに近いレベルで最小化されました。

  • 腎臓と膵臓の解剖学は完全に回復しました

  • 腎臓と膵臓の機能は完全に回復し、病理学的な変化はありませんでした

 

モリンガの種粉末は、

糖尿病性を有する安全で優れた治療薬であると結論付けられました!

糖尿病ラットは、通常の健康なラットとほぼ同じ状態にほぼ回復しました。

 

おそらく最もエキサイティングな結果は、次の提案に従った著者でした:糖尿病の人々の食事で栄養補助食品を使用した場合、モリンガ種子粉末の低用量はさらに大きな医学的利益をもたらすかもしれません。(Al-Malki&El Rabey、2015)

5.モリンガの種と肝臓の保護

肝臓は約1.36kgの重さの大きな臓器です。

腹部の右側に位置し、胸郭で保護されている肝臓は、身体の健康にとって重要です。

 

肝臓は驚くべき500の身体機能を果たします。

肝臓が果たす重要な役割の1つは、消化管からの血液をろ過することです。

この血液が体の残りの部分に戻る前に、血液が純粋で清潔であることを確認するために肝臓があります。

肝臓はまた、化学物質を解毒し、薬物を代謝しなければなりません。

肝臓の役割を考えると、肝臓が毒性の影響を受けやすいことが判ります。

残念ながら、肝臓の毒性と損傷の最初の2つの最も一般的な原因は、C型肝炎ウイルス(HCV)と過剰なアルコール消費です。

2010年の研究では、モリンガの種子は、肝臓の損傷や線維症に対する肝保護、抗炎症、抗線維化の特性を持っていることが報告されています。(2010年ハムザ)

 

肝障害に対するモリンガ種子の試験で観察された効果の多くは、肝保護および抗線維化特性を有することが知られている薬剤であるシリマリンで観察された結果に匹敵することです。

6.モリンガの種子と抗腫瘍特性

2017年に、ガン治療のためのモリンガ種子エキスの研究を文書化した記事が公開されました。モリンガの種子粉末には、MCF7乳癌細胞に対する抗増殖効果があることが記載されています。(Adebayo et al。、2017)

 

さらに、モリンガ種子から単離された生物活性化合物の多くは、潜在的な抗腫瘍プロモーターとして評価されています。(ゲバラら、1999)

 

★モリンガの種を食べるような簡単な方法で乳がんを予防できる可能性があります。

7.モリンガの種と喘息の治療

喘息は、気道が炎症を起こす可逆的な状態です。

この炎症は、気道を狭める腫れを引き起こし、

さらに悪いことに、過剰な粘液産生を伴います。

喘息は、命にかかわる状態に対する軽度の喘息に限定することができます。

 

2007年に発行されたジャーナル記事では、ラットの喘息の治療におけるモリンガ種子エキスの使用が調査されました。

モリンガ種子抽出物による治療は、肺への炎症細胞の浸潤を減らし、気道への粘液などの炎症性メディエーターの分泌を減らすことにより、実際に喘息を緩和することがわかっています。(マハジャンら、2007)

 

Journal of Pharmaceutical Sciences and Research(JPSR)は、毎月発行される国際的な査読付きの学際的なオンラインジャーナルです。JPSRは、製薬分野(薬剤学、製薬技術、製薬分析、生物薬剤学、薬物動態学、薬理学、毒物学、ゲノミクスおよびプロテオミクス、生薬学および植物化学)の独自の研究記事を公開しています。

8.モリンガ種子には強力な抗酸化剤が含まれている

2009年に公開されたモリンガの抗酸化活性のレビューでは、

モリンガの種子には抗酸化物質が豊富に含まれていることが示されました。

これらの強力な抗酸化物質は、加齢や癌に関連する酸化的損傷を軽減できます。(Singh et al。、2009)彼らは、葉にはさらに高い抗酸化活性レベルが含まれていることに注目されています。

9.モリンガの種と心血管の健康

2016年には、モリンガの種子粉末を使用して高血圧(高血圧)を治療する研究が実施されました。

粉砕されたモリンガの種子は、8週間にわたって高血圧ラットに与えられました。

 

種子粉を食べることで以下の事が発見されました:

  • 夜間心拍数の減少

  • 心臓拡張機能の改善(心臓が弛緩して流入血液で満たされる能力)

  • 左心室の前壁の厚さ、拡張期の隔膜の厚さ、および相対的な壁の厚さが減少しました(連続的な血圧上昇に反応して壁の厚さが増加し、負になります)

  • 左心室の線維症の有意な減少も観察されました(左心室の線維症は、心臓の右側への血流を減少させ、血圧の上昇をさらに含む多くのさらなる合併症を引き起こします)

  • 血圧自体は変わらなかった

 

モリンガの種子は心血管系に複数の肯定的な効果を示したため、

高血圧によって引き起こされる心臓病に対するモリンガの種子粉末の使用には科学的根拠があると結論付けられました。(Randriamboavonjy et al。、2016)

 

さらに、2017年に公開された同様の研究により、

データが酸化ストレスと高血圧に関連する心血管障害と戦うためのモリンガ種子を食べることでサポートしていることを結論付け、いくつかの伝統的な薬の形でのこれらの種子の使用を科学的に検証しました。(Randriamboavonjy et al。、2017)

 

10.モリンガ種子とアナフィラキシーショック

アナフィラキシーショックはしばしば生命を脅かすものです。

それは、体が過敏になった抗原(免疫応答を引き起こすことができる分子)に対するアレルギー反応です。

アナフィラキシーショックの症状は、曝露後数分以内、場合によっては数秒以内に起こることが多く、以下が含まれます。

  • 皮膚の発疹とじんましん–通常かゆみ

  • のどや口の腫れ

  • 呼吸困難

  • 胸の圧迫感

  • めまいや失神につながる血圧の急速な低下

  • 吐き気は嘔吐や下痢を引き起こす可能性があります

 

2007年に、ある研究では、モリンガ種子エキスをアナフィラキシーショックに対してテストした結果が発表されました。

この研究では、マウスを注射によりアナフィラキシー状態に誘導しました。

最初にモリンガ種子抽出物をマウスに投与することにより、アナフィラキシーを誘発する注射は完全に阻害されました:アナフィラキシーショックの徴候はまったく観察されませんでした!

著者らは、結果がモリンガ種子抽出物がアレルギー性障害と戦う潜在的な抗アナフィラキシー剤である可能性を示唆していると結論付けました。(Mahajan&Mehta、

 

2007)予防のための1日のモリンガ種子だけで、アナフィラキシーショックの発生を最小限に抑えることができます。

 

モリンガ種子の健康上の利点に関する最終的な考え

世界中の医学界と研究所は、間違いなくモリンガの種子とその健康上の利点を研究し続けるでしょう。この確かな努力に感謝します!

しかし、進歩と発見を楽しみにしていますが、私たちはまた、私たちの先人の行った人々の知恵を振り返り、感謝しています。

この知識は、何世代にもわたるテストと観察を通して得られたものです。

自然療法を使用して、世界中の人々をより良い健康人生に役立てます。

西洋医学と東洋医学両方のアプローチ、特に2つの世界が交差することに期待をします。

浄水に役立つモリンガ種子

毎年、世界中で500万人を超える人々が水関連の病気で死亡しています。

その現実は驚くべきものです。

 

残念ながら、浄水システムのほとんどの研究開発は先進国のために先進国で行われています。

通常、浄水システムでは、硫酸アルミニウムを凝固剤として使用して水を浄化し、塩素を消毒剤として使用して水を浄化します。

 

発展途上国、特に農村地域では、硫酸アルミニウムと塩素を使用して設計された浄水システムは実行不可能です。

 

悲しいことに、ひどく汚染された地下水があり、必死に解決策を必要としているのはこれらの同じ場所です。

全体に小さな粒子が浮遊しているため、濁水として知られています。

 

これらの粒子は、濁った水の味をひどくザラザラにしますが、

それは最悪の部分ではありません!

 

粒子と水には、非常に有害で致命的な微生物さえ含まれています。

 

低コストで、濁った水を浄化して微生物を殺すことが簡単にできる解決策が存在した場合、その影響は莫大になる可能性があります!

そのような解決策の1つは、小さなモリンガの種です!

 

モリンガの種子の水処理に対する有効性をテストする研究は、1970年代初頭に初めて実施されました。

 

研究は、モリンガの種子が水から浮遊粒子を除去するのに非常に効果的であり、水中の細菌を殺すのに90-99%効果的であることを示しました(Jahn et al。、1986 ; Pritchard et al。、2009 ; Doerr&Staff、2005 )

 

水質浄化のために、種子を粉砕して使用するために粉末にすりつぶすか、種子を油で圧搾して残った種子ケーキを使用することができます。

 

通常、約2粒の種子が1リットルの水を処理します。

 

パウダーまたはシードケーキは、濁った水とともに容器に加え、

よく混ぜます。

 

1〜2時間で水は透明になり、

浮遊していたすべての粒子は容器の底に沈殿します。

 

その後、使用、保管、または二次浄化のために、

容器の上部から澄んだ水を注ぎます。

参考書誌

Rim Jeon、S.、Ha Lee、K.、Ha Shin、D.、Sang Kwon、S.、&Sung Hwang、J.(2014)。Moringa oleifera種子から分離された4-(α-L-ラムノシルオキシ)-ベンジルイソチオシアネートをロードしたメソポーラスZnOの相乗的な抗菌効果。Journal of General and Applied Microbiology、60(6)、251–255。https://doi.org/10.2323/jgam.60.251

ハムザ、AA(2010)。ラットの肝線維症に対するモリンガオレフィエララム種子抽出物の改善効果。Food and Chemical Toxicology:An International Journal Journal for the British Industrial Biological Research Association、48(1)、345–355。https://doi.org/10.1016/j.fct.2009.10.022

ゲバラ、AP、バルガス、C。、桜井、H。、藤原、Y。、橋本、K。、真岡、T。、…西野、H。(1999)。Moringa oleifera Lamの抗腫瘍プロモーター。突然変異研究/遺伝毒性と環境突然変異、440(2)、181–188。https://doi.org/10.1016/S1383-5718(99)00025-X

SGマハジャン、RGマリ、AAメタ(2007)。Moringa oleifera Lamの効果。ラットにおけるトルエンジイソシアネート誘発免疫介在性炎症反応の種子抽出物 Journal of Immunotoxicology、4(2)、85–96。https://doi.org/10.1080/15476910701337472

Singh、BN、Singh、BR、Singh、RL、Prakash、D.、Dhakarey、R.、Upadhyay、G。、およびSingh、HB(2009)。Moringa oleiferaの酸化的DNA損傷保護活性、抗酸化剤および抗クオラムセンシングの可能性。食品および化学毒物学:英国産業生物学研究協会のために発行された国際ジャーナル、47(6)、1109–1116。https://doi.org/10.1016/j.fct.2009.01.034

マハジャン、SG、およびメタ、AA(2007)。Moringa oleifera Lamの種子のエタノール抽出物の阻害作用。全身および局所アナフィラキシーについて。Journal of Immunotoxicology 、4(4)、287–294。https://doi.org/10.1080/15476910701680137

Randriamboavonjy、JI、Rio、M.、Pacaud、P.、Loirand、G.、&Tesse、A.(2017)。Moringa oleifera種子は、自然発症高血圧ラットの血管の酸化およびニトロソ化ストレスを軽減します。酸化医学と細胞寿命、2017年。https://doi.org/10.1155/2017/4129459

ウィリアムズ、LL(2013)。Moringa olefiera:これは、薬剤耐性および慢性感染症と戦う代替手段の必要性に対する答えになるのでしょうか?薬用および芳香植物、02(01)。https://doi.org/10.4172/2167-0412.1000e142

Galuppo、M.、De Nicola、GR、Iori、R.、Dell'Utri、P.、Bramanti、P.、&Mazzon、E.(2013)。病院の長期患者の健康に影響を与える2つの重要な病原体に対するミロシナーゼで生物活性化されたグルコモリンギンの抗菌活性 分子、18(11)、14340–14348。https://doi.org/10.3390/molecules181114340

オルデュロ、OA、アデリエ、BI、コノリー、JD、アキンタヨ、ET、およびファムレワ、O。(2010)。4-(β-D-グルコピラノシル-1→4-α-L-ラムノピラノシルオキシ)-ベンジルチオカルボキサミドの特性評価および抗菌活性; Moringa oleifera種子抽出物からの新規生物活性化合物。Folia Microbiologica、55(5)、422–426。https://doi.org/10.1007/s12223-010-0071-0

Popoola、J.&&Obembe、O.(2013)。Moringa oleifera Lamの地元の知識、使用パターン、地理的分布。(モリンガ科)ナイジェリア。Journal of Ethnopharmacology、150。https://doi.org/10.1016/j.jep.2013.09.043

アイオワ州アデバヨ、アルサド・H・アンド・サミアン、MR(2017)。モリンガオレフィエラ種子エキスの乳がん(MCF7)に対する抗増殖効果。African Journal of Traditional、Complementary、およびAlternative Medicines、14(2)、282–287。https://doi.org/10.21010/ajtcam.v14i2.30

SGマハジャン、RGマリ、AAメタ(2007)。Moringa oleifera Lamの種子のエタノール抽出物の保護効果。ラットの関節炎の発症に関連する炎症に対する。Journal of Immunotoxicology、4(1)、39–47。https://doi.org/10.1080/15476910601115184

Minaiyan、M.、Asghari、G.、Taheri、D.、Saeidi、M.、&Nasr-Esfahani、S.(2014)。Moringa oleifera Lamの抗炎症効果。ラットの酢酸誘発急性大腸炎の種子。Avicenna Journal of Phytomedicine、4(2)、127–136。https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pmc/articles/PMC4103706/から取得

Randriamboavonjy、JI、Loirand、G.、Vaillant、N.、Lauzier、B.、Derbré、S.、Michalet、S.、…Tesse、A.(2016)。自然発症高血圧ラットにおけるモリンガ種子の心臓保護効果 American Journal of Hypertension、29(7)、873–881。https://doi.org/10.1093/ajh/hpw001

パドラ、EP、ソリス、LT、レビダ、RM、シェン、C.-C。、ラガサ、CY(nd)。Moringa oleifera Lam。の種子からの抗菌イソチオシアネート、8。

ALマルキ、アラバマ州、エルラベイ、HA(2015年)。Moringa oleifera Lamの低用量の抗糖尿病効果。雄ラットにおけるストレプトゾトシン誘発糖尿病および糖尿病性腎症の種子。BioMed Research International、2015、e381040。https://doi.org/10.1155/2015/381040

Jahn、SA、Musnad、HA、およびBurgstaller、H。(1986)。水を浄化する木:スーダンでの多目的モリンガセの栽培。ウナシルバ、38(152)、23–28。

Pritchard、M.、Mkandawire、T.、Edmondson、A.、O'neill、JG、&Kululanga、G.(2009)。マラウイの浅井戸の浄化に植物抽出物を使用する可能性。地球の物理と化学、パートA / B / C、34(13)、799–805。

Doerr、B.、&Staff、E.(2005)。モリンガの水処理。ECHOテクニカルノート。

​特定商取引法に基づく表記

Fax : 0429-68-6470

Tel : 0120-80-80-87 

© 2019 vivolife.